東野歯科医院

設備紹介
Facility information

3次元CT デジタルレントゲン(パノラマ・X-Ray)

適切な画像処理によって、精度の高い診断用デジタル画像を得ることが出来ます。 その結果、必要最低限の線量でより高い精度の診断を行うことが出来ることになります。 「安全・安心の歯科医療を提供するため」に、必要な設備として導入しております。

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)

導入したマイクロスコープは、カールツァイス社製OPMI pico with MORA interface(LEDライト・バリオスコープ仕様)は、肉眼の20倍まで拡大することができ、また、見る角度と光の角度がほぼ同じため、 見たい場所にしっかり光が当たり、さらに精密な診療が可能となります。

口腔外バキューム

歯科治療時に、目に見えないほどの細かな飛沫や粉塵などが空気中に飛び散ることがあります。 このさまざまな細菌汚染物質をすばやく確実に捕集し、患者さまの顔にかかったり吸い込んだりする ことを防ぎ、安全そして、安心して頂くための、クリーンな治療環境を維持します。

口腔内カメラ

自分のお口を見るこ事はできません。そこで小さなカメラをお口の中に入れてモニターに映し出し、ご覧いただく事ができます。 口腔内カメラを使用する事により虫歯や歯周病の状態を大きく鮮明な画面でしっかりご確認いただけいます。 特に鏡ではなかなか見る事のできない上の奥歯の虫歯や歯の内側の歯石や着色など、口腔内の状況・診断内容、治療結果などを患者さんと共有する事でより安心して治療を受けていただけます。

AED

いつ、どこで、突然の病気(怪我)におそわれるかわかりません。 その不慮の事態が当医院の待合室や診療室内でおこるかもしれません。 そして、AEDの必要性を感じ、応急手当講習を受講し、基本的な応急手当について学び、当医院に導入することとなりました。

生体モニター

患者様の、血圧・心電図・体温・呼吸数・心拍数・脈拍数・不整脈等を高速で正確に測定します。 歯科専用生体モニター装置を導入することで、患者様の負担を限りなく軽減するとともに安心で安全な治療を目指しています。

笑気麻酔装置

歯科治療において痛みを和らげ、不安や恐怖を感じることなく気持ちよく治療をお受けいただけます。 緊張される方やお子様などが適応です。この方法は多くの酸素と少量の笑気を混合して鼻や口から吸入するものですが、吸入を止めると、すみやかに元の状態に戻る安全な方法です。

Co2レーザー

レーザー照射により、痛みや腫れの期間が以前よりも短縮できる効果があり、患者様に、痛みを我慢してもらう治療から、 出来るだけ痛くない、やさしい治療を提供しております。

X-Smart IQ ハンドピース
&Propex IQ 根管長測定器

根管治療(根の治療)において正確かつ短時間で痛みを取り去り、再発の少ない治療が行えます。
また、MTAセメントやバイオブラスセメントを併用することにより、より永続性の高い治療を行う事が可能になりました。

診 療 時 間

午前 9:00~13:00 /月~土
午後 15:00~20:00 /月~土

  • ※木曜日の午後からの診察は休みです。
  • ※土曜日の午後からの診察は18:00までです。
  • ※日・祝日は休診です。